【2021年9月】HafH(ハフ)使ってみた!体験談と使ったからこそわかるメリット・デメリットを解説します

こんにちは、yu-です。

 

最近私は「HafH」という定額住み放題サービスに加入しホテルに宿泊してみたのですが、これが思いの外使い勝手が良かった!

 

実はHafHというサービスの存在そのものは1年くらい前から知っていたものの、加入したのはつい先月。

なぜなら、HafHの本質は”定額住み放題サービス”。

 

「住むところを選ばないノマドワーカーやフリーランスが使うようなサービスでしょ…?」

「会社員としてはホテル住まいはできない…」

 

こんなイメージが強かったためです。

 

ところが、先月入会キャンペーンに乗じて加入し使ってみたところ、もしやこれは意外と使いやすいのでは…?と思うようになりました。

 

というわけで今回の記事では、会社員の私がHafHを使ってみた体験談をもとに、HafHのよいところ、イマイチなところをお伝えしていきたいと思います。

 

 

「HafH(ハフ)」とは?

 

HafHとは、昨今何かと話題の”サブスクリプション”の一種。

 

毎月定額(2,980円~82,000円)を支払うことで、各プランで決められた範囲内で好きなホテルに泊まることができるよ!というサービスです。

言ってしまえば、かなり自由度の高い”ホテルのサブスク”ということです。

 

現時点でその拠点は国内外に300箇所以上!

 

一人旅に便利なゲストハウス、ドミトリーからリッチなリゾートホテルまで。

中には、「メズム東京」や「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」といったハイクラスのリゾートホテルも含まれており、選択肢が多いのも魅力の1つです。

 

 

いろんなニーズを満たす事ができる、魅力的なラインナップが揃っています✨

 

HafHの体験談

 

さあここからはHafHを実際に使用した宿泊の体験談をお届けします。

 

御存知の通り私はそのへんにいる会社員の一員のため、当然の如く宿泊可能なのは土日のおやすみの日のみ。

そんな私は毎週末近場=都内のホテルを訪れ、客室内で映画を楽しむ!…という週末を過ごしているのですが、この度その中にHafHでの宿泊を取り入れてみたよ!という形です。

 

「HafHってこんなホテルに泊まれるんだ!」

「ちょっと楽しそうかも!」

 

というように参考にしていただければと思います✨

 

NOHGA HOTEL UENO TOKYO(ノーガホテル上野東京)に泊まった!

私の初めてのHafHは「NOHGA HOTEL UENO TOKYO(ノーガホテル上野東京)」

上野の繁華街からちょっと離れた落ちついた地域にある、おしゃれなホテルです。

 

NOHGA HOTEL UENO TOKYO(ノーガホテル上野東京)

国際的な安全・衛生基準を満たす施設に発行される「SAFEGUARDラベル」を国内初取得

住所 〒110-0015 東京都台東区東上野2-21-10
アクセス 上野
JR上野駅 広小路口 徒歩5分 / 東京メトロ上野駅 3番出口 徒歩3分
駐車場 有り(機械式駐車場)3,000円(税込み/泊) 予約制
電話番号 03-5816-0211
参考価格 3,450~円

 

必要コインは下記の通り。

また、このホテルは(同伴1名まで可)であるため、下記コインでそれぞれ二人まで宿泊可能です。

 

HafHコイン ダブル(同伴1名まで可):350コイン

ツイン(同伴1名まで可):550コイン

スイート(同伴1名まで可):1200コイン

 

今回私は二人でこちらのホテルを利用!一番リーズナブルなダブルタイプのお部屋をチョイスしました。

フロントからすでにほとばしるオシャレ感がもう最高。良い滞在の予感しかしません。

 

 

気になる客室は、ベッド・テーブル・シャワーブースの揃ったコンパクトながらも機能的な客室。

全体的な色合いも明るい色で統一されており、自然と気持ちが明るくなっちゃいます。

 

 

 

ソファで寛ぎながらデスクワークに勤しむも良し。

ベッドでごろごろしながらテレビをゆったり楽しむも良し。

 

ともかくホテル自体がきれいなので、その空間にいるだけで幸せになれます。

 

こちらのアメニティやルームサービスまで解説した詳しい宿泊記は別記事にて紹介するため、乞うご期待ください✨

 

HafHを使えばこんなホテルに泊まれちゃいます!

 

使ってわかったHafHの良いところ

 

さてここからは使ったからこそわかるHafHの良いところを、ポイントにまとめて紹介します。

 

外れがない

まず最大のメリットは、300以上あるHafH拠点に外れが無い!ということ。

一通りHafH拠点に目を通しましたが、いわゆる「残念なホテル(ゲストハウス)」といえるような場所は一切含まれておらず、基本的に綺麗!清潔!おしゃれ!な場所が揃っています。

 

これ、特に普段訪れない地域の宿泊施設では非常にありがたいポイントです。

 

旅行は、旅は楽しいもの。

ですが、そんな楽しさは滞在する場所が汚かった時点ですべてぶち壊しになるくらい、”泊まる場所”というのは大切な要素です。

 

とはいえ普段訪れない地域は情報も少なく、「結局どこを選べば良いんだ!?」と悩み抜いた末、ハズレホテルを引いてしまうことが往々にしてあるんですよね。

 

ところが、HafHに加入していればそんな心配は一切なし。

 

だって、HafH拠点である時点で、綺麗!清潔!おしゃれ!の三拍子が確約されているから。

これはあやからない手はありませんね。

 

きちんと厳選されているんだな…!というのがわかる、良いラインナップが揃っています✨

 

2人での宿泊はオトク

次のポイントは、2人で宿泊する場合のこと。

HafHは基本的には一人旅の方用のサブスクで、その拠点もドミトリーやゲストハウスの占める割合が高めなのですが、一部複数人で宿泊可能な施設が用意されています。

 

スゴイのは、複数人で宿泊可能な施設は、基本的に一人で泊まろうが複数人で泊まろうが必要なHafHコインは同じ!ということ。

 

先程の体験記に書いた「ノーガホテル上野」の場合、350コインで2人宿泊できたことになります。

 

これはかなり私的にもメリットが大きい!

場所によっては二人分の夕朝食付…なーんて拠点もあるので、ますますオトクです。

 

もし行ってみたいホテルがHafH拠点の中にあるのなら、ただただストレートに訪れるのではなく、HafHのコインをためて行く!という手を使ったほうがかなりリーズナブルに宿泊できる可能性があります✨

 

なお、場所によっては「2人目は〇〇円」と設定されていることもあるため要確認です!

 

宿泊料金を気にせず泊まれる

やはりサブスクとして最も嬉しいのは、この一回一回の利用料金を気にせず泊まれる!ということ。

 

支払うお金は月額料金だけ。

それさえ払っていれば、都度ホテルの窓口での支払いは不要、当日はお金のことを気にせず泊まれるのが気持ち的に余裕があって良いところです✨

 

個人的にはHafHを利用し始めてから、予約前に各社の料金を見比べて~、セール有無を探って~、…なんていう行動をしなくて良くなったので、QOLが上がりました。

 

これぞサブスクならではのメリット!!

 

 

HafHのイマイチなところ

 

ここまではHafHの良いところを紹介しましたが、反面「ここはイマイチだな~」と感じてる部分も多少あります。

ここからは私が感じたちょいと微妙な部分を説明していきます。

 

施設が探しにくい

探しにくいんです。施設が。

HafHを使って予約する際はまず地域もしくはホテル名で調べ、その後日付を選択→部屋を選択、という流れになります。

 

ところが、HafHのサイト上どこを探しても、

 

  • HafH拠点の一覧
  • 必要コイン数の一覧
  • 同伴可能なホテルの一覧

 

これらの情報がまとまっているページはありません。

 

すなわち、もし手持ちが200コインで二人で泊まれる場所を探す場合は、下記の1. ~3.の手順をひたすら繰り返すこととなります。

 

  1. 手当り次第ホテル名で検索
  2. 適当な日付を選択
  3. 客室一覧から利用コイン+同伴可否を確認

 

はっきり言ってけっこう面倒です。笑

泊まりたいホテルが決まっているときは良いんですが、検索方法がホテル名一致検索しか無いため、上記のケースとかの場合満足行くステイ先を決めるまでかなりの手間が必要になってしまいます。

 

これは是非HafH側にサイトの改善要望として投げたいところ。

 

一刻も早く改善されるとものすごく助かります!!

 

即時予約ではない

次のポイントは、「予約申請」を行ったときはあくまで仮予約であるということ。

 

具体的にどういうことかと言うと、場合により予約申請後に「やっぱ満室だったわ!ごめん!」ということが起き、予約が取れない可能性もあるということ。

 

実際に私も予約申請後に受け入れ不可になったことがあり、うっそんとなりました。

他の通常の宿泊予約サービスでは予約した段階で契約成立なので、なかなか慣れないと不便だと感じてしまう部分です。

 

特に記念日とかでちょっと良いホテルを予約申請したときは、承認が降りるまでかなりヤキモキしてしまいそうです。。

 

コインのやりくりが必要

3つめはコインに関して。

 

HafHは定額泊まり放題サービス!…なんですが、その宿泊予約には必ず宿泊施設ごとに決められたコインが必要です。

なので、言い換えると「定額コインの範疇での泊まり放題サービス!」というのが実態。

 

 

 

問題のコイン、実は意外と貯まる機会も多く、各プランの料金ごとに納得感のある枚数を得ることができるのでそちらの面で不満は無いのですが、いかんせんやりくりが必要なんです。

 

例えば手持ちのコインが200コインで、250コイン必要なホテルに宿泊したい場合、不足分は50コインですが次にコインを手に入れられるタイミング=月額課金更新日まで待たなくてはなりません。

そうこうしているうちに泊まりたかった250コインのホテルは予約が埋まってしまい、いざコインを手に入れたときにはもう予約できない!…なんてことも。

 

人気のホテルを早めに予約し、行きたいホテルを行きたい時期に行けるよう事前にある程度プランを練っておく必要があります。

 

HafHで今後やってみたいこと

 

さてそんなHafHですが、加入した私の使い方としては主に「近場のホテルに週末宿泊してリフレッシュ!」というもの。

100%楽しいし、むしろHafHを使うことでちょっとリッチなホテルに手を伸ばしやすくなっていて嬉しい限り!

 

しばらくはこのスタイルで楽しもうと思っていますが、ここでは個人的にやってみたいHafHの活用法について夢想してみたいと思います✨

 

長期国内旅行の拠点として

まずやってみたいことは、HafHを利用した国内泊まり歩き!

会社員ではありますが、たまには本気を出して連休を取得し、その連休を全力で生かして国内長期旅行に出てみたい!という野望があります。

 

そこでやってみたいのが、毎晩HafH拠点を渡り歩く!というもの。

拠点に外れがなく、綺麗でおしゃれな場所が多いHafHなら安心して利用できますし、何より泊まり歩きをする上で定額はありがたい。

 

 

希望としては、まずは大阪あたりまで移動し、そこから近畿~中国~九州を渡り歩けたら楽しいだろうな…、なーんて野望をいだいています。

 

近い将来叶うことを祈ってます…!

 

海外旅行に利用

もう一つは、海外旅行!

実はHafHは海外にも拠点を構えており、このご時世の中でも続々拡大中。

 

特に海外旅行は入念な下調べをしないと、ハズレ中のハズレホテルを引いてしまう可能性がとにかく高いので、HafH拠点の安心感は半端ない。

更には、行き先に迷ったときはHafHのコンシュルジュに相談する事もできるので心強いですね。

 

海外旅行ができるようになったらお世話になります!

 

まとめ

 

本日の記事では、旅のサブスクHafH(ハフ)について会社員の私が実際に使ってみた体験談をお届けしました。

 

Keyword

  • 定額泊まり放題のホテルのサブスク!
  • 日本・海外に拠点が300以上
  • その拠点に外れはなし

 

HafH(ハフ)。

それはフリーランスやノマドワーカーだけではなく、私のような一般会社員でも使い方次第では楽しくオトクに利用できる素敵なサービスでした。

 

利用にあたっては今回の記事で説明したような注意点を気をつけておく必要はありますが、

  • 旅行が好き
  • きれいなホテルが好き

このいずれかに当てはまる方は試してみて損は無いでしょう。

 

質問がある方はお気軽にコメント欄もしくはお問い合わせフォームからお願いします。

分かる範囲でお答えします✨

 

下のURLから会員登録をすると今なら100コイン手に入るため、是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

Instagramをチェックしよう!

BeeTrip【びーとりっぷ】のInstagramでは、
yu-が訪れた場所やホテルについて、
リアルタイムで情報をお届けします。
記事と合わせてホテル選びや旅行の参考にしてください✈

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事