2日目

 

迎えた2日目の朝。

もちろん旅行のときくらい、ゆっくり目が覚めるまで眠っていても良いけれど、せっかくなんで早起きして、アンダリゾートのすべてを楽しんでみては?

 

7:30~8:30 朝風呂を楽しむ

朝7:30、伊豆高原の涼やかな空気を感じながら外を散歩しつつ、朝風呂を楽しみます。

 

貸し切りのお風呂に行ってもよいのですが、ここでオススメなのは大浴場。

チェックイン~夜にかけては混み合うこともあるのですが、この朝の時間は運が良ければ独り占めできることも…!?

 

アンダリゾート内に大浴場は2箇所。

アンダリゾート本館地下一階と、アンダピング館にそれぞれ一箇所ずつ用意されています。

 

 

この大浴場のスゴイところは、アメニティの充実さ。

洗い場に用意されているシャンプー・リンス類は、どれも市販されている”かなりいいヤツ”が揃い踏み!

ときにもよりますが、常に6~7種類が用意されていて、好みのものをPickできる仕組みです。

 

この機に試してみたかったあのシャンプーも、ちょっと憧れていたあのリンスもここで試せる!

男性には伝わらないかもしれませんが、こういう”シャンプーバイキング”みたいなの、私は大好きです。笑

 

ゆー
朝の気持ちいい空気の中で熱いお風呂を楽しむ!目が覚める~!

ぷらは
ZZZ……

 

8:30~9:30 朝食

お風呂で温まったあとは、朝食Time。

 

ここの朝食は他のホテルとは一味違う!

何が違うかと言うと、なんと朝から伊豆の新鮮×豪華な海鮮が食べ放題なんです。

 

 

もう本当にこれが美味しくてたまらない。

お昼ごはんなんて要らない。胃の限界まで食べ尽くしてやる…!と闘志を燃やす羽目になります。

 

他にも、新鮮たまごとこれまた新鮮な山芋を使ったとろろを使って贅沢なTKGを楽しんだり…

 

朝からパティシエ特製のマカロンを楽しめちゃったりします。

 

 

しかもこのマカロン、(写真では私が取りまくったあとなのですっからかんだけど)味も数種類あって、選びたい放題…!

普段マカロンを満足行くまで食べることなんて無いため、これは嬉しい。

 

散々前日の夜に夕食、バータイムと食べまくったはずなのに、ぺろりと平らげられちゃいます。

食べ物と人間の胃袋って不思議。

 

ゆー
夕食、バータイムに続いてこの朝食…!胃袋がいくつあっても足りない…

ぷらは
向こう数カ月分の海鮮は食べ尽くした。

 

9:30~10:30 朝日を浴びて楽しむ

温泉で体を温め、朝食を心ゆくまで堪能したあとは、アンダリゾートの広い敷地内を散歩してみては。

 

本館から少し足を伸ばしてバトゥール館の前にある優雅な椅子にハンモックでくつろぐも良し。

 

アンダピング館に足を伸ばして、カフェラテを片手に大島を眺めても良し。

 

 

館内の数々のアクティビティも楽しいのですが、せっかく伊豆高原という気持ちいい場所に来たのだから、外をゆっくり散歩する時間をとってみるのもまた粋なもんです。

 

ゆー
都会では味わえないこの空気が最高…!

ぷらは
これぞリゾート!!って感じがするね

 

10:30~11:00 キャンペーンの応募を済ましくつろぐ

そんな散歩も終え客室に戻ったら、荷物をまとめつつキャンペーンの応募をしていきましょう。

 

アンダリゾートでは常に何かしらのキャンペーンが用意されていて、中には当選するとペア宿泊券が当たる!…なーんてものも。

これはやらない理由は全くありませんね。

 

 

私が訪れたときはちょうど七夕の前だったため、「星に願いを」キャンペーンを実施していました!

七夕の願いを書いて、短冊にかけるとペア宿泊券が当たるかも!という夢あふれるキャンペーン。

 

「運に恵まれますように」

 

なんていう欲全開の願いを書いて祈ったのですが、見事に落選しました。残念。

次もしあったらもう少しマシな願いを書くことにしよう…。

 

ゆー
他にも時期により様々なキャンペーンを実施しており、いつきてもイベント感覚で楽しい!

ぷらは
ゆーさん、次に願い事を書く機会があったら添削するからね。

 

11:00 チェックアウト・お土産

思う存分ホテルを楽しんだあとは、チェックアウトの時間。楽しい時間はあっという間。

チェックイン時と同様、アンダリゾート本館にてチェックイン手続きを進めましょう。

 

チェックアウト後は、本館にあるお土産ショップを覗いてみては。

 

伊豆高原らしい、お茶やわさび、だし等々のお土産から、かえる関連のぬいぐるみにお菓子、アンダリゾート限定のかえるTシャツまで!

 

通常の温泉旅館からは考えられないくらいの充実っぷり。

きっとピッタリのお土産が見つかります。

 

ゆー
お土産も手に入れたあとは、アンダリゾートをあとにします。

ぷらは
安全運転で、またかえってこれますように!

 

まとめ

 

アンダリゾートで過ごす一泊二日の旅、いかがでしたでしょうか?

 

この記事で伝えたこと
  • アンダリゾートって、なにやらすごいらしいけど結局何が良いの?
  • いろんな施設があるけど、何ができるの?

  • 本当にホテルだけで楽しめるの?

 

ここに書いたことは全部真実。

これらの体験はすべて宿泊料金に含まれているため、お土産の代金以外追加でお金がかかるポイントはありません。

 

すなわち、アンダリゾートは

  • バリの雰囲気溢れ、海外旅行感を楽しめる!
  • 追加料金が一切かからないからリーズナブル!

この2つの要素を併せ持つ、とんでもなくポテンシャルの高いホテルなんです。

 

きっと一度訪れればきっと気にいるはず。

 

是非自分へのご褒美に。

親しい友達と。

大切な相手と。

にぎやかな家族と。

 

アンダリゾートで楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ゆー
遊んで、食べて、くつろいで、飲んで、また遊んで……!
あーー楽しかった!!

ぷらは
また来ようね!!

 

Twitterでフォローしよう