よみうりランドHANA・BIYORI(はなびより)のモデルコース!はなびよりの魅力を全身で味わうプランを所要時間も含めて紹介します

こんにちは、yu-です!

 

先日私は東京の西の方にあるローカル遊園地である「よみうりランド」のすぐとなりに位置するテーマパーク、「HANA・BIYORI(はなびより)」を訪れました。

 

花が溢れて素敵空間で素敵な場所だったので是非一度訪れてみてほしい!!

…のですが、きっと今この記事を見ている方はこんな疑問をお持ちのはず。

 

HANA・BIYORIのきになるところ

 

  • HANA・BIYORIには何があるの?
  • HANA・BIYORIの楽しみ方って?
  • HANA・BIYORIがおすすめなのはどんな人?

 

 

この3つの疑問のうち、今回の記事では後半の「HANA・BIYORIの楽しみ方って?」という部分にお答えすべく、HANA・BIYORIを楽しむプランを所要時間も込みで立ててみました。

 

1つ目の疑問の「HANA・BIYORIには何があるの?」については、前回の記事で紹介しています。

 

今回の記事は、前回の記事を読んで

 

  • 何があるのかはわかったけど、どんな過ごし方ができるの?
  • 色々あるのはわかったけど、結局すぐ見終わっちゃってつまらないんじゃないの?
  • 見学・楽しむのに要する所要時間はどれくらいなの?

 

こんな思いを抱いた方にピッタリの内容です✨

 

これからHANA・BIYORIに行ってみようかな~?という方に便利な情報をお届けします💪

 

HANA・BIYORIの楽しみ方って?Part1

 

では早速、HANA・BIYORIの楽しみ方を実際に入園してから退園するまでの流れに沿って、ご紹介しましょう!

 

園内は大きく4つのエリアに分かれており、それぞれのエリアを巡っていく形です。

4つのエリアってなんぞや??となった方は、まずは以前のこちらの記事からチェックしましょう!

 

以下に書いている体験時間は、およそ私自身が体験にかかった時間とイコールなので、かなりリアルです。笑

是非当てにしちゃってください。

 

STEP1:入園

まずはHANA・BIYORIに入園しましょう!

HANA・BIYORIへは、HANA・BIYORI単体の入園ゲートから入る方法とよみうりランドの連絡通路から入る方法がありますが、本プランでは前者の単体ゲートからの入園を想定。

 

カラフルな植木鉢に彩られた道を進んで、いざ入園!

 

 

ちなみにすぐとなりには野球場も。よみうりランド感を感じますね~!

 

入り口付近の装飾を楽しんで(5min)

入園してすぐのところには、傘の装飾があります。

 

 

どこかのハウステンボスで見かけたような装飾ですが、二番煎じだろうとn番煎じだろうときれいなものは綺麗!

まずはこちらの傘たちの麓できれいな写真を撮影しましょう。

 

そこそこ広めの通路の頭上に広がっているため、ゆっくり撮影しても迷惑にならないのも良いところ…

 

STEP2:聖なる森

最初の分岐で右手に進むと、すぐそこは”聖なる森”エリア!

まずは入園して体力のある内にアップダウンのあるこのエリアを堪能しちゃいましょう。

 

聖なる森エリアの入り口には、現在は2021年9月26日までの期間限定で花風鈴の展示もあります。

 

 

仏像のある森をめぐる(10min)

聖なる森エリアの見どころは、国指定重要文化財の妙見菩薩像や聖観世音菩薩像。

その他にも数々の仏像が祀られていたり、お釈迦様の聖髪と仏舎利が保管される釈迦如来殿(パゴダ)があったりと見どころ満載です。

 

少々アップダウン多めで、なかなか急な階段もあるためそこは予めご了承を。

おおよそ東京都は思えない、鬱蒼とした木々に囲まれたスピリチュアルな空間を楽しみましょう!

 

 

秋には池を覆うような一面のカエデの紅葉も楽しめます

 

STEP3:彩りの小路

聖なる森を一通り散策し終えたら、次は彩りの小路エリアへ。

ちなみによみうりランド側から入園した場合は最初に訪れるエリアです。

 

彩りの小路エリアは、室内エリアのHANA・BIYORI館をぐるっと一周する形で囲んだ部分。

確かに単に”小路”ではあるのですが、四季に合わせた色とりどりの花が楽しめるので、一番季節を感じる事ができるエリアとなっています。

 

カメラを構えて楽しむ(10min)

まずは彩りの小路エリアに点在するフォトスポットを網羅していきましょう。

特に”フォトスポット”としての施設がある…、というわけではないのですが、彩りの小路エリア内には是非カメラを構えたくなる風景がいくつもあるんです。

 

  • HANA・BIYORI館外観

夏ならばこんなふうに、緑と青空のきれいなコントラストを拝めるこの場所。

是非真ん中の小路に立って写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

 

 

  • HANA・BIYORI館入園ゲート側出口

先程とは反対側のHANA・BIYORI館出入り口も、素敵なフォトスポット。

まるでビニールハウスのようだった前者と比較し、紺色に彩られたモダンな雰囲気あふれる施設の外観のそばに季節の花々が飾られています。

 

 

  • 期間限定フォトスポット

同じくHANA・BIYORI館の出口付近には季節限定のフォトスポットが用意されています。

夏の季節のテーマはひまわり。

水辺に咲く、鮮やかな黄色が映えます。綺麗。

 

 

  • 季節の花壇

HANA・BIYORI館の横の部分には、季節に応じて色とりどりの花が植えられる花壇があります。

ここまで来たらお察しかと思いますが、この夏のテーマはひまわり!!

まるで迷路のように敷き詰められたひまわりの中を歩き回ることができます。

 

ここは是非植木鉢たちのど真ん中に立って写真を撮ってみてほしい…!

 

 

私は10分程度でサクサクっと景色を写真に収めてきましたが、人によっては30分くらい必要かもしれません…!?

 

動物を眺める(10min)

彩りの小路エリアでは可愛らしい小動物の姿を眺めることができます。

 

場所はHANA・BIYORI館の横。

ひまわりの植木鉢たちがある隣ですね。

 

ここにおわしますは、モルモットとうさぎ。

ふれあいたいかわいい小動物の知名度ランキングではTOP2を争う動物たちですね!

 

 

平常時であれば、モルモットたちとのふれあいも楽しめる場所ですが、現在は感染症対策のため休止中。

ですが、忙しなく動き続けるモルモットの姿って、なんとも言えず可愛いんですよね…。

 

気がついたら10分もの時間が過ぎていました。やられた。

 

ねずみは苦手なのにモルモットは大丈夫という不思議…

 

彩りの小路を堪能した後は、STEP3としてHANA・BIYORIのメイン施設である、「HANA・BIYORI館」に進みましょう!

Instagramをチェックしよう!

BeeTrip【びーとりっぷ】のInstagramでは、
yu-が訪れた場所やホテルについて、
リアルタイムで情報をお届けします。
記事と合わせてホテル選びや旅行の参考にしてください✈

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事