【宿泊記】the b 赤坂のスーペリアツインに泊まった!にぎやかな街から少し離れた落ち着いたホテル!アクセスやアメニティまで紹介します。

こんにちは、yu-です。

 

雨が続く今日このごろ、日中の湿気も日に日に増していくようで、いっそのこと早く真夏になってくれないかとすら思い始めていたある日、私は赤坂にあるホテル「the b 赤坂」に宿泊しました。

 

赤坂の喧騒が届かない、閑静な丘の上に佇むホテル

 

公式サイトではこのように銘打たれているホテル、その真偽は果たして?

…ということから、もっと細かい備品・アメニティ・館内施設まで、今回の記事では詳しく紹介したいと思います!

 

行ったからこそわかる!情報をお届けします✨

 

ホテル概要

住所 〒107-0052東京都港区赤坂7-6-13
電話番号 03-3586-0811
チェックイン/アウト チェックイン : 15:00チェックアウト: 11:00
公式HP https://www.theb-hotels.com/theb/akasaka/
駐車場 駐車場なし※周辺駐車場利用
参考価格 1部屋2名 ¥3927~(1室あたり)
おすすめ度

 

 

交通アクセス

「the b 赤坂」は地下鉄赤坂駅から徒歩5分という立地にあるホテル。

…ですが、ホテルのキャッチコピーにある通り、”丘の上”に佇むホテルのため、赤坂駅からはひたすら坂道を登ることになります。

 

徒歩5分間の急な上り坂をきついと思うか、いや近いだろそれは!と思うかは人それぞれですが、この湿度と気温の中だと着く頃には汗が滝になりかねず、かなり私は機嫌悪くなりました。←

特に地下鉄の出口を間違えると悲惨なため、要注意です。

 

交通アクセス

  • 東京メトロ千代田線赤坂駅3a出口:徒歩5分
  • 東京駅            :タクシー約10分
駐車場

ホテルには駐車場はありません。そのため付近のコインパーキング等を利用することとなります。

要注意なのは、赤坂という立地であるため、駐車代金が非常に高額になる可能性があるということ。

下手すると宿泊料金より高いので本当に要注意です。。

【周辺駐車場】
  • タイムズ国際新赤坂ビル東館
  • GSパーク赤坂通り
  • ユアー・パーキング赤坂6丁目臨時駐車場

 

 

最寄り駅はポテンシャルは高めですが、少々距離がある上上り坂であるため総合的な交通アクセスは△でした。。

 

宿泊記

 

では早速ホテルの宿泊記に入っていきましょう。

 

外観・エントランス

私達がこちらの「the b 赤坂」を訪れたのは梅雨ど真ん中、びっくりするくらいの湿気にまとわりつかれる日だったため、赤坂駅からの上り坂&ホテルまでの距離に少々心を折られた中到着するというなかなかのマイナススタート。

ところが、迎えられた外観・エントランスには「さすが赤坂!!」と思わせられる要素が抜群でした!

 

ホテルの外観はこんな感じ。

 

 

おお、「the b 」だな!と思わせられる特徴的な外観&看板でした。

 

 

ちなみにホテルから最も近いコインパーキングはこちらの写真に映る三井のリパークなんですが、よくよく見ると「20min 400yen」というなかなかのいいお値段が書いてあります。

繰り返すようですが、お車で訪れる予定のある方は、本当に注意してください。。。

 

ホテルのエントランスは、ホテル正面の中心より向かって左側にあります。

 

 

これ、何がすごいってPush&Pullタイプのドアなのに、なんと自動で開閉するという部分です。

個人的には自動ドアの中でも滅多に目にしない部類で、レア度MAXレベルの代物でした。

 

最初は「自動」の文字が信じられなさすぎて、そろそろ近づきました…(小声)

 

そんな自動ドアの先はかなりのおしゃれ空間になっています。

 

 

そこそこ巨大な観葉植物に迎え入れられ、右手に進むとフロントがある、というレイアウトです。

 

自動ドアに一歩足を踏み入れた段階でもう涼しすぎて幸せでした…笑

 

ロビー

ロビーはこちら。

全体的におしゃれでカラフルな色遣いできれいな作りです。

 

フロントカウンターはロビー入ってすぐ、左手に2つ窓口が用意されています。

 

客室数に対してカウンターが少ないような気がしましたが、一度も他の宿泊客に行き合うことが無いくらいの混雑度だったため、全く気にならず。

 

それよりもものすごく気になったのは、ロビー各地に散らばる謎の”MOET & CHANDON”たちです。

 

 

うん、おしゃれ!高級感すごい!!

 

…のは分かるんですけども、何なんだろうこれ。笑

てっきりルームサービスか何かで注文できるのかな?と考えていましたが、そんなこともなく。

一体この強烈なモエシャン推しは何なんだろう………。

 

モエシャンの真意は気になるところですが、全体的にきれいなロビーでテンションが上りました!

 

客室:スーペリアツイン

ではいよいよ客室の紹介です。

 

今回宿泊した客室は「スーペリアツイン」タイプのお部屋。

廊下を抜けて、いざ入室です。

 

 

客室の様子

客室は97cm×203cmのベッドが二台用意されたタイプ。

ベッド・机・テレビ等が用意された、シンプルな客室でした。

 

 

客室内の全体を引きのアングルで撮影することをすっかり忘れていたため、楽天トラベルさんの写真もお借りします。

 

 

枕は一つのベッド辺り2つずつ用意されていていい感じ。

ベッドは移動させることもできたため、2つをくっつけて利用することもできます。

 

ベッドには時計と一緒に客室内の照明のスイッチが用意されています。

 

 

これがあると結構便利!

電気をパチパチ消して回るのって、ホテルの客室といえど少々面倒なんですよね…。笑

 

机は動かないタイプなので、テレビを見ながら食事~、は少々やりにくいです。

 

バスルーム・バスアメニティ

バスルームがなかなか特徴的。

 

 

ユニットバスタイプでもない、とはいえシャワーブースとしてはあまり見かけない構図で結構ワクワクしましたね!

 

 

シャワーも、頭上から降ってくるレインシャワー・手持ちのシャワー・ボディ用のミストシャワーと機能満載。

そこまで広くはないシャワーブースのため、特にミストシャワーは溺れました。楽しい。笑

 

シャンプー・リンス・ボディーソープが完備されています。

 

バスアメニティは、手前の洗面台に歯ブラシやらヘアブラシ、綿棒等が用意されていました。

一般的なビジネスホテルと比べると少々少なめ。

 

 

女性の方は、チェックイン時にフロントカウンターにある小分けの化粧水・乳液・クレンジング・洗顔をもらえます。ありがたや。

 

 

通常のユニットバスで気を使ったバスタイムとは異なり、かなりワクワクしながら楽しめました~!

 

客室備品

次に、客室備品の紹介です。

 

まずは飲み物関係。

 

  • グラス
  • マグカップ
  • ティーセット

 

これらがデフォルトで用意されています。

ティーセットにコーヒーの用意が無いのは少々残念ポイント。

 

電気ケトルはティファール製のものが用意されています。

 

 

冷蔵庫はこちら。

冷凍機能は無く、体感ちょっと効きが悪いな…?と感じました。

 

机の上には、ティッシュ・メモ&ペン・消臭スプレーが用意されています。

 

 

机の下の棚の部分には、使い捨てのスリッパ・ドライヤーが用意されています。

ドライヤーはPanasonicのナノイー。リーズナブルなモデルですね。

 

館内着はこちら。

 

 

まあ、よくあるビジネスホテル御用達の上下つなぎのぺらっぺらなタイプです。

 

客室備品はこんな感じ。

全体的に平均的なビジネスホテルレベル、といったところでしょうか。

 

個人的には、「上質なくつろぎを提供」と推すのであれば、せめてドライヤーがもう少しいいやつだと良かったな…、と思うところ。

一方で一泊\2,000台ととんでもなくリーズナブルな価格から考えると印象は一転、ものすごく充実しています。

 

HPの推す「リッチで上質✨」というポイントより推すべきは、
「リーズナブルで快適!!」というポイントが正解かな~?という印象でした。

 

サービス

以前「the b 銀座」に宿泊した際もあったのですが、「the b 赤坂」にもこんなポップがありました。

 

 

そう、「デリバリーアプリmenu」

 

どうやらホテルと提携しているようで、通常ならホテルエントランスまで取りに行かなくてはならないところ、なんと客室までお届けに来てくれちゃいます。

 

以前「the b 銀座」で試したのですが、これめちゃくちゃに楽で快適です。

その時の体験記はこちらの記事で詳しく紹介しています↓

 

今回もお世話になりました~!!

 

館内施設

館内施設の紹介です。

「the b 赤坂」には下記の便利な施設が揃い踏み。滞在中不便に感じることはないでしょう。

 

  • 自動販売機
  • 電子レンジ
  • コインランドリー
  • 製氷機
  • コーヒーメーカー

 

電子レンジ・コインランドリー・製氷機・自動販売機

こちらの3つは、ホテル1階のフロントと同じ階に用意されています。

 

まずは自動販売機と製氷機。

 

 

氷は備え付けのカップに入れて客室まで持ち帰れる様になっています。

こころなしか非常に小さなカップだったため、その点は△ですが、何にせよ製氷機があるだけありがたいですね。

 

自動販売機はノンアル・アルコールが揃い踏みで種類も豊富。

また、同じ1階の廊下にはお菓子・軽食類の自動販売機もありました。

 

 

こちらのお菓子・軽食自販機は非常に種類が豊富。

なんだこれ、どこかのオフィスなのかなここは??

 

コインランドリー・電子レンジは自動販売機・製氷機の奥に用意されています。

 

 

コインランドリーの真隣に電子レンジがあるのが少々気になるところ。

一度利用しましたが、洗剤の香りが漂う中食品を温めることに抵抗を感じなくはないですね…。

 

コーヒーメーカー

もう一点ホテルの便利な施設として、フロントにはコーヒーメーカーが用意されています。

 

 

コーヒー・エスプレッソを24時間好きなときにいただけます。

なるほど、これがあるから客室内にコーヒーが用意されていないのか…!と納得ですね。

 

ただ、あまり大声で言えないのですが、少々こちらのコーヒー味が気になったんですよね……。

かなり雑味があり、正直言ってあまり美味しくなかった……。

 

清掃前のタイミングだった、ということも考えられますが、このコーヒーのお味はかなり残念でした。

 

まとめ

 

今回の記事では、「the b 赤坂」の宿泊記をお届けしました。

 

この記事で伝えたこと
  • 全体的におしゃれできれいな雰囲気、さすが赤坂。
  • リーズナブルなお値段にしては充実の備品・施設
  • モエシャンは謎

 

 

トータルの感想としては、”お値段相応”といったところでしょうか。

そしてそのお値段が一泊¥2,000~と格安なため、都内で安く泊る!というときには良い選択肢なのでは?と思います。

 

特に最近は東京都民限定でチェックアウトが12:30に無料で延長になるプランなど、お得なプランも満載。

ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

Instagramをチェックしよう!

BeeTrip【びーとりっぷ】のInstagramでは、
yu-が訪れた場所やホテルについて、
リアルタイムで情報をお届けします。
記事と合わせてホテル選びや旅行の参考にしてください✈

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事