【ネタバレ感想】マーベル『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第3話「パワー・ブローカー」最速考察レビュー!

こんにちは、yu-です!

 

さて本日16:00に『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の第3話が配信開始されました。

 

昨今の情勢により、数々の映画が延期になり、とりわけMARVELでは『ブラック・ウィドウ』がまさかの三度目の延期。

これには、一体いつになったら見れるのか、ともはや呆然としてしまいましたね。。

 

そんな情勢の中、それでも私たちが昨年ほど悲観的にならずに済んでいるのは、MARVELの新作ドラマシリーズがあるから!

 

もし『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』がなかったら…?

と考えるとゾッとするほどに、この作品に救われています。笑

 

さあそんなこの作品も今回で折り返し。

今回の記事では、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の第3話「パワー・ブローカー」について語っていきたいと思います!

 

引用画像

 

 

作品情報

 

公開年 2021年3月19日~4月23日
上映時間 各話50分程度のドラマ形式
原題 The Falcon and the Winter Soldier
スタッフ 監督:カリ・スコグランド
脚本:マルコム・スペルマン
おすすめ度

 

MCU作品を見続けている方は必見です。
(この基準だと今度のMCU作品すべて☆5になってしまう……😅)

 

MCU最新作のDisney+作品

今作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は『ワンダヴィジョン』に次ぐDisney+作品の第二作品目です。

 

今後MCU作品を楽しむためにはDisney+への加入は必須です!

 

 

”指パッチン”の後の世界

 

今作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は、作中で語られたことにはあのサノスの”指パッチン”から5ヶ月後が舞台。

となると、『エンドゲーム』以降の3つの作品の時系列はこのようになります。

 

 

時系列を念頭に置いて、作品を楽しんでいきましょう!

 

あらすじ

 

なぜ超人兵士が8人もいたのか。
その謎を解くためにサムとバッキーは、ヒドラに精通する人物…、ジモの元を訪れた。
そしてバッキーは手がかりを得るため、サムに相談する前に独断でジモを脱獄させるのであった。
その後ジモの先導により、3人が訪れた場所は、マドリプール…、悪人たちの巣窟。
そこで諸々の出来事により追われる身となった3人は、意外な人物と再会する。
その人物とは、かつて法を破ってまでスティーブとサムの味方についてくれた、シャロン・カーターであった…。

 

 

【ネタバレ感想】サム&バッキー&ジモ&シャロン!異色のコラボ誕生

 

今回も前回までに引き続き、ドキドキハラハラの展開を繰り広げてくれた『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』。

 

アクションシーンも多く、相変わらず

 

「これホントにドラマシリーズなの??(どうして劇場で見れないんだ!泣)」

 

という感想を抱かせてくれる、とんでもない作品です。笑

 

そんな第3話について、物語の流れに沿って語っていきたいと思います!

 

①ジモとの再会、そして…

 

引用画像

 

サムとバッキーが情報を得るために会いに行った人物、それはあのシビル・ウォーの原因となった、バロン・ジモだった。
彼は刑務所で服役していたが、バッキーの一存により脱獄。
ソコヴィアの男爵という立場であった彼は、自身の自家用ジェットでサムとバッキーを導くのであった。

 

ジモさーーーん!!!!

 

予告編や、事前のポスター・イラスト等で登場していたジモさんが、万を辞して登場。

相変わらず腹に一物ありそうな様子ではありますが、概ねバッキーとサムに協力して動いてくれている様子でした。

 

というかバッキーさん、サムに相談する体で話しておきながら実はもうすでに脱獄完了済みとは、なんて有能なんだ。

 

本来脱獄のダの字も出ないほど難しいことであるはずなのに、冒頭の数分で僅かな語りのみで済ましてしまう姿勢には、流石、と思わずにはいられません!笑

 

サムは全く認めていないものの、絵的には「ファルコン&ウィンター・ソルジャー&ジモ」の 3ショットになりました。

 

②マドリプールとシャロンとの出会い

 

引用画像

 

超人血清の手がかりがあるとしてジモが二人をいざなったのは、”キケン”な町・マドリプール。
そこは、パワー・ブローカーが支配するアウトローな人々の集まる街だった。
バッキー・サムはそれぞれ変装し、超人血清についての情報を得ようとするも、訳あって町の有力者を殺してしまう。
追われる身となった彼らを間一髪で助けたのは、かつてのCIAに所属していた縁のある女性、シャロン・カーターであった。
彼女は、国に逆らって盾と翼を奪い去った結果、追われる身となり、身内にも居場所を告げることもできないままマドリプールに潜伏していたのであった…。

 

ついに、シャロン・カーターの登場です。

ようやく第三話にして、メインの4人が出揃いました。

 

マドリプールに乗り込んだときの3人の姿は個人的にはツボですね。笑

特に、”似ているから”という理由で、「スマイリー・タイガー」に扮したサムの挙動不審っぷりにはニヤニヤしてしまいます。

 

結局”商談”は、サムにかかってきた電話によって乱闘沙汰になるわけですが、まあ扮装して切り抜けるというより直接殴って切り抜ける方が彼らには似合っていました。

 

 

さてその後再会したシャロンは、『シビルウォー』の余波で、マドリプールで身を隠さざるを得ない生活を送っていました。

あの後、スティーブたちは刑務所を脱獄してワカンダで平和に暮らしていたにもかかわらず、シャロンの生活は悲惨なもの。

 

アベンジャーズたちもそうですが、私もすっかり彼女の状況について慮ることを忘れていたことにハッと気付かされるワンシーンでしたね。

 

要所要所挟まれるジモのセリフも相まって、
「アベンジャーズは本当に正しかったのか?」
を考えさせられてしまいます。

 

③超人血清の秘密

 

引用画像

 

シャロンのもたらした情報により、超人血清はマドリプールで製造されていたことが判明した。
その場所は、多数立ち並ぶコンテナの一つ。
コンテナの中に足を踏み入れたサム&バッキー&ジモは、超人血清の開発に関わる驚くべき話を聞かされるのであった。
一方見張りを努めていたシャロンは、サムたちの命を狙う賞金稼ぎたちを素手で止めていく。
そんな中、超人血清を製造していたコンテナは爆破され、サムたちは次なる手がかりのある地へ向かう。
そこで3人を待ち構えていたのは、ワカンダからやってきたとある人物であった…。

 

シャロンさん!?!?

 

ちょっと見ない間に、とんでもなく強いお人になっておりまして、私もうびっくりして見入ってしまいました。←

 

そんなシャロンのこの5年の間に一体どんな生活を送っていたのか?を想像すると、恐らく我々が思っているよりも遥かに壮絶な日々を過ごしてきたのだな、というところまで想像できて胸が苦しくなります。

 

さて問題の超人血清は、マドリプールで製造され”フラッグ・シュマッシャーズ”に奪われていたことが判明。

 

ウィンター・ソルジャー計画を継いだのは、シベリアでの5度の実験失敗後だ。
ヒドラ解体後、CIAに雇われたが、ある実験の血液内に、安定状態に近い血清が認められた。
試行錯誤の末、彼の血中から必要な成分を見事に抽出。
僕は神になったんだ。
アースキン以来誰も成し遂げていない偉業だ。

 

いやお前なあああっ…と思わずにはいられませんが、『AofS』でもあったように、こういう研究をする人は尽きないのでしょうね…。

 

かくして超人血清が誕生、それを”フラッグ・スマッシャーズ”に奪われ、彼らはマドリプールのボスであるパワー・ブローカーに追われてわれている、という筋書きの全容が発覚しました。

 

さあこの後物語はどのように展開していくのでしょうか。
ラストに登場したあのワカンダの人物含め、今後には大注目ですね。

 

【ネタバレ感想】正義とは何か?を問い直す作品

 

引用画像

 

数々のテーマがあるこの『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』ですが、今回では特にこのこと、

 

正義とは何か?

 

ということについて真っ向からぶつかっていましたね。

 

ポイント

  • シャロン・カーターの苦しみ
  • 指パッチン以後に生まれた難民を救う目的で貯蔵庫を襲う”フラッグ・シュマッシャーズ
  • キャプテンの意志を継ぐ!と豪語する二代目キャプテン・アメリカ
  • 故郷ソコヴィアを破壊されたジモ

 

このように、「果たしてアベンジャーズの行動は正しかったのか?」という、ヒーロー系の映画ではもはやご法度とも言える部分についてグイグイ切り込んできます。

 

果たして、サム&バッキーはこの問について、この物語のラストにどんな答えを出すのでしょうか。

 

この作品を見ることにより、過去のアベンジャーズシリーズを見る目が変わってきそうです。

 

【まとめ】見返し必至の壮大な物語

 

さて、今回の記事では本日16:00より配信開始された『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の第3話

「パワー・ブローカー」についてネタバレ感想をお届けしました。

 

懐かしい人に、あたらしい人もたくさん登場し、盛りだくさんの50分。

 

今回登場したシャロン・カーターは、ひとまずサムたちのもとを去りましたが、今後どう関わってくるのかが楽しみな存在。

そして、名前だけたくさん聞くこととなった「パワー・ブローカー」については気になりますよね。

 

まだまだわからないことの方が多い作品ですし、何よりあのラストはずるい。笑

 

また次の金曜日が楽しみでなりません…!!!

 

 

Twitterアカウントの紹介

Twitterでは主に映画についてタイムリーにつぶやいています。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

Twitterでフォローしよう