【ネタバレ感想】マーベル『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第2話「星条旗を背負う者」最速考察レビュー!

こんにちは、yu-です!!

 

さて本日16:00に『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の第2話が配信開始されました。

 

第1話のラストで私たちにぶん投げられた驚きの展開を回収し、ついにファルコン&ウィンター・ソルジャーのタッグが誕生した第2話。

あいかわらずの、ドラマシリーズとは思えない高クオリティな映像とアクションに魅入られた50分弱でしたね😊

 

そんな『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の第2話「星条旗を背負う者」について語っていきたいと思います。

 

引用画像

 

作品情報

 

公開年 2021年3月19日~4月23日
上映時間 各話50分程度のドラマ形式
原題 The Falcon and the Winter Soldier
スタッフ 監督:カリ・スコグランド
脚本:マルコム・スペルマン
おすすめ度

 

MCU作品を見続けている方は必見です。
(この基準だと今度のMCU作品すべて☆5になってしまう……😅)

 

MCU最新作のDisney+作品

今作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は『ワンダヴィジョン』に次ぐDisney+作品の第二作品目です。

 

今後MCU作品を楽しむためにはDisney+への加入は必須です!

 

 

”指パッチン”の後の世界

 

今作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は、作中で語られたことにはあのサノスの”指パッチン”から5ヶ月後が舞台。

となると、『エンドゲーム』以降の3つの作品の時系列はこのようになります。

 

 

時系列を念頭に置いて、作品を楽しんでいきましょう!

 

第2話あらすじ

新キャプテン・アメリカの正体はアメリカ軍で活躍してきた兵士である、ジョン・ウォーカーだった。
サムがキャプテンの盾を手放したことを認められないバッキーは、サムのもとに現れ作戦に同行する。
そこで彼らが出会ったのは、未登録の8人もの超人兵士たち。
超人兵士に苦戦していたところに加勢してきたのは、新キャプテン・アメリカのジョンだった。
その後バッキーはサムに合わせたい男がいると告げ、とある町に連れて行く。
そこにいたのは、世間では知られていない、歴史の闇に消えた黒人の超人兵士。
どういうことかとバッキーを問い詰めるサムだったが、警官に囲まれてしまうのだった…。

 

 

ついに誕生!サム&バッキーのタッグ!

引用画像

 

奇しくも新キャプテン・アメリカの誕生を機にバッキーが行動し、サムと久々の再会をすることに。

再会早々、非常にキレッキレのやりとりを繰り広げており、もうニヤニヤが止まりません。笑

 

特に2人でセラピーを受けるシーンの、文字通り膝詰めで会話を交わすシーンは、少々シリアスな内容ながらもその状況を思うと「ふふっ」と勝手に和んでしまいました。

 

いいぞ、いいぞ、この感じ…!これを待っていた…!!

 

魔法使いと魔術師

さてそんなニヤニヤしながら見た会話ですが、最近まで『ワンダヴィジョン』を見ていた身としては見逃せない言葉がありましたね。

 

サ「奴らはビッグ3の1つかも」
バ「ビッグ3?」
サ「あれだよ。機械人間、異星人、魔法使い」
バ「冗談か?」
サ「常識だ」
バ「違う」
~中略~
バ「魔法使いなんか、いない」
サ「ドクター・ストレンジ」
バ「奴は魔術師」

 

さて時系列を鑑みると、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は『ワンダヴィジョン』よりも後の出来事です。

あのウエストビューの町での出来事は、一体世間的には何が起きたことになっているのでしょうか。

 

そして、彼らにとって”ワンダ”がどのような存在になっているのでしょうか。

 

引用画像

 

MCUの世界がすべてつながっていることを鑑みると、何らかの形で繋がりはあると見て良いでしょう。

 

少なくとも”魔法使い”としては認識していないようです。
彼らはワンダに起きたことを知らないのか、はたまたワンダがそれ以上の存在になっているのか…?

 

レッド・ウィングの扱い

もう1点、本編的にはさほど重要ではないものの印象に残ったのは、”レッド・ウィング”

 

引用画像

 

『シビル・ウォー』のあたりからファルコンの機械じかけの相棒として登場していたものの、当時からブラック・ウィドウことナターシャからの評判は悪く、「私はこいつを名前では呼ばない!」と言われていた代物。

 

バッキーにも、「こいつを信用しない」と言われるなど、散々な評判です。笑

 

一方でサムは相当に気に入っているらしく、今作の作戦でも全力で活用していました。

 

ところが、トラックの上での戦闘中、レッド・ウィングは敵によってあっさり真っ二つに。

 

このときのサムの表情と、バッキーの「よくやった」というセリフが、もうほんととんでもなく印象に残っています。笑

 

サムがあんなに気に入っているレッド・ウィングを真っ二つにしてしまえ!
…と考えた制作陣、なかなかえげつないことしますね。。笑

 

新キャプテン・アメリカは何者なのか?

 

引用画像

 

第一話のラストで登場した、新キャプテン・アメリカ。

その正体は今作の冒頭に描かれ、アメリカ軍の兵士のジョン・ウォーカーであることが発覚しました。

 

冒頭ではそんな彼が責任の重さに苦悩する姿が描かれ、

 

お、こいつ意外と良いやつかもしれないぞ??

 

と思わせられたのですが、サム&バッキーに出会ったときの軽薄な物言い、そしてちょっと嫌な笑顔。

また、バッキーを”バッキー”と呼んだことから、個人的には不信感しかありません。

 

ちなみにトラックの上での戦闘中、新キャプテンが加勢してきた時に流れたのは、懐かしの『シビル・ウォー』のテーマソング。

新キャプテンは気に入りませんが、この音楽には思わず胸が高まってしまいました

 

とりあえず新キャプテンが気に食わないのでこの人黒幕にしませんか?←

 

盾を受け継ぐものとは

引用画像

 

サムとバッキーが対立することにもなったきっかけでもある、”キャプテン・アメリカの盾”

 

サムがこれを手放し、博物館に寄贈したことを「正しい選択だ」と言う一方で、

スティーブの思いを無下にしている、盾を手放したことは間違いだと詰め寄るバッキー。

 

その双方の思いが理解できるだけに、この2人の意見の対立にはぐぬぬぬ…と唸ることしかできません。

 

スティーブ・ロジャース不在の影響が計り知れませんね…。

 

MCU味溢れるトーンで描かれる重いテーマ

 

さて物語が進行していく中、軽く・MCUらしさが全開ながらも、重めのテーマが描かれていましたね。

 

”指パッチン”の前後の世界

引用画像

 

まずはこの”指パッチン”前後の世界について。

 

今の所今作のヴィランとして登場している集団”フラッグ・シュマッシャーズ”は、

「世界は一つ、人間もね!」

というスローガンのもと、”指パッチン”後の世界のほうが良いとして活動する集団。

 

そんな彼らがなぜ超人血清を手に入れたのか?という疑問ももちろんありますが、もっと気になるのは彼らの動機。

 

本来、アベンジャーズにより二度目の”指パッチン”が成されたことにより、世界は復活を遂げ良い方向に向かっていく…はずだったのです。

それが、なかったほうが良かったとする。

 

その心に潜む世界の闇については、もっと深く知りたいところですし、今作ではこれを深堀りしていきそうな雰囲気がありますね。

 

現時点で判明した事実のうち気になっている部分を挙げておきます。

 

気になるところ

  • ”生き残った人”よりも”戻ってきた人”が優遇されている
  • 帰還した人たちの難民キャンプがある

 

実際のところ世界はどうなっているのか?というリアルなところを描くのが、本作の魅力ですね。

 

根強く残るこのテーマ

さて今作で触れられたのは、現代にも根深くのこり、つい昨年にもアメリカで非常に盛り上がった運動…、BLM運動に関するテーマでした。

 

Pickup

  • 黒人の超人兵士が存在していた
  • 黒人の超人兵士は国によって社会的に抹消されていた
  • バッキー(白人)とサム(黒人)が言い合っているところに、警官が割り込んできた

 

このようなエピソードでもって、MCUらしく、でも確実にこの話題に触れていきます。

 

黒人の超人兵士についてはこちらとしても初耳。
どうやらコミック原作にソースがあるようですが、非常に胸が痛む、闇の深い事実ですね。

 

そして”あの人”が登場する

さて「なぜ超人兵士が現代に存在するのか?」という謎を追求するべく、サムとバッキーはある決断を下します。

 

その決断とは、”あの人”…、ヒドラについて詳しく、アベンジャーズにとっては天敵とも言って良い人物に会うこと。

そう、ジモに会うことでした。

 

引用画像

 

これはどうなるのでしょうか。

てっきりジモは再びサムとバッキーの前に立ちふさがるのかと思っていたため、この登場の仕方は意外。

 

まさかのジモと手を組んでいくパターンなのでしょうか?

 

『シビル・ウォー』での戦いが持つ意味を、より深く感じられる事になりそうです。

 

【まとめ】軽さと重厚感を併せ持つストーリー

 

さて今回の記事では、ディズニープラスオリジナルのMARVEL最新作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』

第二話「星条旗を背負うもの」についてネタバレ感想をお届けしました。

 

MCUらしさを持ちながらも、アベンジャーズシリーズにはない、”キャプテン・アメリカ”の流れを汲む重厚感のあるストーリー。

 

細かな人間模様や、閉所での接近戦、直接ぶつかり合う肉弾戦の魅力は、他のヒーローたちの物語では描くことができないもの。

 

特にMCUの世界に激震を走らせた”指パッチン”に関するリアルな世界を描く本作は、面白くてしかたありませんね。

 

また一週間後が、楽しみでなりません…!

 

今まで見てきたファンだからこそ味わえる興奮を静かに噛みしめる事のできる回でした。

 

Twitterアカウントの紹介

Twitterでは主に映画についてタイムリーにつぶやいています。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

Twitterでフォローしよう