第78回ゴールデン・グローブ賞2021ノミネート発表!ディズニープラスで楽しめる作品はこれ!

こんにちは、yu-です。

 

さて先日アメリカ現地時間3日、第78回ゴールデン・グローブ賞映画部門のノミネーションが発表されました。

 

そこで、今回の記事ではそのノミネートされた作品のうち、ディズニープラスで楽しむ事のできるものを紹介したいと思います!

 

引用画像

 

例年ディズニー作品はノミネートされていますが、今年も例に漏れず複数作品がノミネート!!
ファンとしては嬉しい限りです!

 

ゴールデングローブ賞とは?

 

本編に入る前に、そもそも「ゴールデングローブ賞」とは何なのか?を簡単に説明します。

 

ゴールデングローブ賞とは、1944年から開催されている、ハリウッド在住の外国人記者(”ハリウッド外国人映画記者協会”に所属する会員約100人)の投票によって選ばれる、映画部門とテレビ部門に与えられるアメリカ合衆国における賞のことです。

 

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、例年1月に実施される授賞式は、現地時間2月28日に延期されました。

それに伴い、今回のノミネートの発表も遅れた、という形です。

 

アカデミー賞とは違うの?

 

よく聞く「アカデミー賞」とは何が違うんだ?というお話ですが、

 

アカデミー賞はアカデミー会員(”映画芸術科学アカデミー”に所属する会員約6000人)の投票によって選ばれる映画部門の賞であるのに対し、

 

ゴールデングローブ賞は会員の構成・人数、そして何より「テレビ部門」があるという点で諸々相違点があります。

 

ところが、アカデミー賞の投票締め切り日より前にゴールデングローブ賞が発表されることもあって、近年はゴールデングローブ賞とアカデミー賞の受賞作品、および受賞者が重複するケースも多くなっています。

 

ゴールデングローブ賞がアカデミー賞の”前哨戦”と言われるのは、こんな背景があってのことなのです。

 

なお、今回のゴールデングローブ賞ノミネート作品については別記事でまとめています!

こちらも是非どうぞ。

 

ディズニー・プラスで楽しめる作品

 

今回の2021年ゴールデングローブ賞では、ディズニーからは4作品がノミネート!

    • 2分の1の魔法
    • ソウルフル・ワールド
    • ハミルトン
    • マンダロリアン

 

この中でも、『2分の1の魔法』は唯一の劇場公開作品。

 

新型コロナの影響により本来の公開日からは半年ほど延長したものの、無事に公開ができた作品です。

 

そのため、2021年2月現在、本作品は「ディズニー・プラス」で楽しむことはできません。

 

よって今回の記事では、『2分の1の魔法』を除いた3つの作品について紹介したいと思います!

 

「2分の1の魔法」の配信開始のときが楽しみですね…!!

 

①『ソウルフル・ワールド』

 

出典:ディズニープラス

作品情報

 

公開年 2020年
上映時間 101分
原題 Soul
スタッフ 監督 :ピート・ドクター
脚本:ピート・ドクター、マイク・ジョーンズ、ケンプ・パワーズ
製作 :ダナ・マーレイ

 

本来であれば、2020年に劇場公開される予定の映画でしたが、昨今の新型コロナウイルスの影響により、アメリカ本国での上映が不可能な状況に。

 

そのため、本作はディズニープラスでの限定公開のみとなりました。

 

ディズニー・ピクサーが贈る”人生讃歌”

 

この『ソウルフル・ワールド』は、個人的にここ数年のピクサー作品の中で最も心に染み入った作品でした。

 

作品のテーマを超簡潔に安っぽい言葉で言うと、「人生って素晴らしい!」ということ。

 

このテーマで描かれている物語は古今東西数多くありますが、この映画ほど現代を生きる私達に強く、

でも優しく染み渡るようにこのメッセージを伝えた映画は無いのでは?

 

落ち込んだ時、周りが見えなくなったときはこの映画を見返せばいい。
そんな心の常備薬のような映画に出会えて幸せでした…!

 

 

②『マンダロリアン』

 

出典:ディズニープラス

 

作品情報

 

公開年 シーズン1:2019年11月12日~

シーズン2:2020年10月30日~

エピソード シーズン1:8エピソード
シーズン2:8エピソード
原題 The Mandalorian
スタッフ 製作総指揮:ジョン・ファヴロー、デイブ・フィローニ、キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソン
撮影監督 :グリーグ・フレイザー
製作:ルーカスフィルム

 

スター・ウォーズシリーズ』初となる実写ドラマシリーズ!

 

ストリーミング・サービスDisney+』のキラータイトルとして、2019年11月12日、アメリカでのサービス開始と同時に配信がスタートしました。

 

配信開始とともに大きな話題となったこの作品!
シーズン2が配信された昨年の秋~冬には渋谷駅等に巨大な広告が登場して、こちらも話題になりました。

 

あらすじ

 

銀河帝国の崩壊後、銀河系には無法地帯が広がっていた。一匹狼のガンファイターが、賞金稼ぎとして報酬を得ながら、そのアウター・リムをさまよっていく。

 

時系列としては『スター・ウォーズシリーズ』のエピソード6『ジェダイの帰還』の5年後から始まる物語。

 

銀河帝国の崩壊後からファースト・オーダーの樹立までの間、新共和国の手の届かない場所ー、

辺境のアウター・リムで活動する孤独なマンダロリアンのガンファイターが描かれます。

 

 

スター・ウォーズファンも、はじめましての人も。

 

さてこの作品、まずスター・ウォーズファンの人にとっては”ご褒美”のような作品です。

 

映画本編で登場した登場人物はもちろん、クローン・ウォーズでお馴染みのあの登場人物が登場したりと非常に胸が熱くなるシーンが多数あります!!

 

 

更には描く物語が、”なぜファースト・オーダーが誕生したのか?”というテーマも含んでおり、映画を見ていた方なら少なからず疑問に抱いていたであろう部分についにメスが入る形となるのです。

 

今までスター・ウォーズシリーズを楽しんでいた人なら、間違いなくハマることでしょう…!

 

 

一方、はじめましての人も楽しめる要素が沢山。

 

時代背景やこの世界での常識(船、スピーダー、等々の知識)は当然ちんぷんかんぷんかと思いますが、

 

物語の大筋は孤独なガンファイターと一人の子どもとの絆を描く物語です。

 

その物語は、初めて見る方にとってもわかりやすく楽しめるものとなっています。

 

このドラマをきっかけにスター・ウォーズシリーズに興味を持った!!
…という方が一人でも増えてくれるとファンとしては嬉しいですね!笑
是非一度見てみては??

 

 

③『ハミルトン』

 

出典:ディズニープラス

 

作品情報

公開年 2020年7月3日
上映時間 160分
原題 Hamilton

 

撮影場所は”舞台”の異色の映画

 

実はこの映画、撮影場所がなんと”舞台”のみ。

 

ブロードウェイで上映された舞台をそのまま撮影した映像作品です。

 

もともと『ハミルトン』とは、トニー賞11部門受賞をはじめ、グラミー賞、ローレンス・オリヴィエ賞、ピューリッツァー賞と主要賞を数々獲得し空前の大ヒットを記録したブロードウェイ・ミュージカル。

 

引用画像

 

この作品は、そんな『ハミルトン』を「演劇」と「映画」、そして「動画配信」、というそれぞれが持つ要素を融合させ、全く新しい方法で楽しめるようにした作品なのです。

 

もともと超有名な舞台であったことから、配信開始が決定した当初は話題になりました!

 

”英語音声英語字幕のみ”という壁

 

さてそんな大注目な作品ですが、日本ではそこまで話題にならず、ディズニープラスで配信されていることを知っている人は少ないのでは無いでしょうか。

 

その理由は、”英語音声英語字幕のみ”という壁があることです。

 

 

世界同時配信を実現するために、配信開始のタイミングでは英語音声のみとなっているのです。

 

ディズニープラス公式サイトには以下の記述があります。

 

(英語音声のみ/日本語字幕版の配信スケジュールは決まり次第ご案内いたします)

 

…が、配信開始から半年以上が経過しても、いつ日本語字幕版が配信されるのかが全くわからない状況。

 

 

正直、この壁が取っ払われない限りは、日本の人にオススメするのはかなり厳しいです。。

 

かくいう私も、英語能力が足らず視聴に踏み切ることができていません。。お恥ずかしや…。
私の英語能力が身につくのが先か、ディズニープラスが対応するのが先か…。

 

 

【まとめ】見る映画に困ったらこれを見れば良い

 

さて、今回は昨日現地時間2月3日に発表されたゴールデングローブ賞ノミネートより、ディズニープラスで楽しむことのできる3つの作品について紹介しました。

 

『ハミルトン』は難しいですが、それ以外の『ソウルフル・ワールド』と『マンダロリアン』は、

 

ディズニープラスで何を見ようかな~??

 

と迷ったときにはこれを見れば良い!!

 

…と強くおすすめできる作品です。

 

ぜひこの機会に見てみてはいかがでしょうか?

 

Twitterでフォローしよう