【宿泊記】「京急EXホテル品川」に泊まった!「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」も含めて紹介します!

こんにちは、yu-です!

 

今回の記事では、本年2021年3月で閉館した品川のビル「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」の中にあるホテル

 

「京急EXホテル品川」

 

について、「確かにここにはこんな建物があったのだ」ということを忘れないため、閉館間際に宿泊したときの宿泊記とともに紹介したいと思います。

かつて一世を風靡したホテル、閉館前に滞在できてよかったと思う一方、こうして文字にすると寂しさが募りますね…。

 

良い建物でした…

「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」って?

 

まずはじめに、そもそも「SHINAGAWA GOOS」って何??ということについて説明します。

 

 

「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」は、品川の街の入口として(Gate)、品川を訪れる方々や品川で暮らす方々に、記憶に残る特別な時間(Occasion)、都心での落ち着いた環境(Oasis)、当施設ならではの満足(Satisfaction)を提供する場所にしたいという想いを込めて名付けました。

京急線品川駅高輪口から徒歩3分、同駅からノンストップで羽田空港国際線ターミナル駅まで13分(京急線エアポート快特利用時の標準時間)とアクセスが良く、また豊かな緑環境にあることから、幅広いお客さまにご利用いただける施設です。

 

品川駅の高輪口を出てすぐ、品川プリンスホテル・新高輪プリンスホテル等のプリンスホテルズに囲まれた立地に堂々とそびえ立つタワーが、「SHINAGAWA GOOS」です。

 

 

実はこの施設、もとは1970年に開業した「ホテルパシフィック東京」というホテルでした。

 

「ホテルパシフィック東京」とは、品川駅前にある30階建ての高層ホテルです。

1979年から2008年5月までは、ル・メリディァンという航空会社と提携していたため、エールフランス航空のクルーの定宿となっており、フランス人をはじめとするヨーロッパ系の利用客も多くありました。

多くの路線が乗り入れる品川駅前の最高立地にあり、人気・グレードともにハイクラスのホテルとして存在していましたが、

プリンスホテルの高輪地区との競合や、世界金融危機による宿泊需要低下により空室率が上昇、施設の老朽化も進んだことにより2010年9月末日をもって閉館しました。

 

引用画像

 

 

さて、そんな「ホテル・パシフィック東京」のあとを継いだ「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」でしたが、

京浜急行電鉄株式会社のフラッグシップとなる開発の早期竣工および開業を目指すため、2021 年3月 31 日(水)に閉館することとなりました。

 

前回の「ホテル・パシフィック東京」閉館の際は、ビルはそのまま残され中身のみを入れ替えた形でしたが、今回は完全にビルも取り壊し、1から開発し直すとのことです。

 

 

今回は個人的にこの「ホテル・パシフィック東京」というホテルに縁があるため、この度ぜひ閉館前に訪れよう!と「ホテル・パシフィック東京」の生まれ変わりである「京急EXホテル品川」に宿泊した…、というわけです。

 

かつては高級ホテル、今はもう取り壊されようとしているビジネスホテル。その時代の変遷を感じつつじっくりと宿泊をたのしみました。

 

宿泊記

前置きが長くなりましたが、早速宿泊記に入っていきましょう!!

 

エントランス・フロント

エントランスはホテルの2階にあります。

 

が、車から向かう場合でも電車で訪れる場合でもおそらくこのエントランスは使用せず、地下からエレベーター等で上がってくる、というルートになります。

 

 

とはいえ、このエントランスから見るホテルの全貌はなかなか圧巻であるため、一度見てみてほしいと思います。

 

 

 

フロントは3階にあり、天井には豪華なシャンデリアも。

 

 

訪れたのが年始、ということもあり期間限定で絵馬をかけることができるエリアも用意されていました。

 

 

客室

 

今回私が宿泊したお部屋は、18階「スタンダードフォース」タイプのお部屋。

 

大人4人で宿泊できる、62平米の広々としたお部屋です。

 

ドアを開けると、左右に部屋が広がり、真ん中に洗面台・ユニットバス等の水回りがある、というレイアウト!

通常のツインルームが二部屋つながっている、という印象が近いかと思います。

 

 

 

とにかく広い!!

 

 

部屋そのものは古さ…というより歴史を感じさせる部分はあれど、全体的に非常に清潔でスッキリしています。

 

 

空調の調節は各部屋ごととなっており、随分ローカルなボタンがありました。笑

 

 

また、片方の部屋のベッド横のテーブルにはなにやらいろんなボタンが付いており、アラームをかけたりラジオを聞いたりすることができました。

 

 

ちなみに、BGMというボタンを押したところ、琴の音色が聞こえてきました。

お正月限定かな?

 

こういったいわば少し”古い”家具をみるのは久々だったため、新鮮な感じがしました。

 

バス・トイレ

次に、バス・トイレについて。

 

ユニットバスタイプのバス・トイレですが、フォースルームとして大人四人が宿泊できる部屋だけあり、ビジネスホテルとは思えないほど広々とゆったりした作りでした!

 

 

とくに洗面台が2つあるのがありがたい…!!

 

 

大人が四人もいると、結構洗面台の奪い合いになることって多いんですよね。。笑

非常に便利でした。

 

また、クローゼットの近くのドレッサーもあり、こちらも非常に便利でした。

 

 

こういう水回りが、おおよそビジネスホテルとは思えないつくりだなあと感じました。

 

所々にかつての、数十年前の面影が残っているように感じます。
そういう目線で楽しむことができるのも魅力ですね。

 

客室備品・アメニティ

客室備品は、一般的なビジネスホテルにあるものは一通り揃っています。

 

まず、お茶セット。

ドリップタイプでは無いものの、コーヒーと緑茶が備え付けてあります。

 

 

ホット用のティーカップとグラスの両方がありました。

 

湯沸かしポットも備え付けてあります。

 

 

その下には冷蔵庫がありました。

 

 

また、洗面関係のアメニティも十分にあります。

 

 

ちなみにシャンプー・リンス類は、「ホテルリブマックス系列」等で見かけることの多いものでした。

 

 

全体的に、ビジネスホテルとして必要十分な備品・アメニティが揃っている、という印象です。

 

眺望

 

フォースルームの最大の特典として、品川駅側&高輪地区側の双方の景観を楽しむことができます!

 

品川駅側からは、にぎやかで慌ただしい品川駅の様子が。

 

 

高輪地区側からは、遠くに富士山を望むことができます。

 

 

 

十分眺望としては満足の行くレベルではありますが、かつての「ホテル・パシフィック東京」を知る方に話を聞いたところ、

「昔はもっとすごかったんだよ」

とのこと。

 

以前は、品川駅川のオフィスビル群もなく、高輪地区側のプリンスホテル郡もなく、この地区で唯一飛び抜けて高い建物だったそうです。

 

時代の変遷とともに変わってしまった景観。これも、このビルの閉鎖の原因になったとも考えられますね。
この眺望から、そんな時代の変遷を感じしみじみとしてしまいました。

 

 

 

館内施設

つぎに、館内施設の紹介です。

 

自動販売機・電子レンジ・コインランドリー

自動販売機・電子レンジ・コインランドリーは

10,16,18,20,22,24~26階

にあります。

 

ちなみに24~26階はエグゼクティブフロアとなっているため、エグゼクティブフロア宿泊の場合はかならず自分の宿泊する階に自動販売機コーナーが有る、ということになります。

 

 

自動販売機は、各種ソフトドリンク・お酒類があります。

 

また、アイロン・アイロン台の貸し出しもここで行っていました。

 

 

 

製氷機

製氷機は6~26階の各階に設置されています。

 

 

紙コップが備え付けてあり、そのコップに氷をいれて部屋まで持ち帰るタイプでした。

 

各階すべてに設置されていることは珍しいので、これは便利です!

 

 

コンビニ

2階に「生活彩家」というコンビニがあります。

 

小さいコンビニですが、ホテルの建物内にコンビニがあるというのは便利です。

 

飲食店の間の通路を抜けていくため少々わかりにくいのですが、看板があるため迷わずに済みました!

 

 

飲食店

ビル内にはいくつかの飲食店があります。

 

今回私が利用したのが、「T.G.I Fridays」

ハンバーガーが名物のアメリカンテイストのレストランです。

 

 

ホテル宿泊者以外も利用可能となっており、このご時世の年始ではありましたが、店内はそこそこ賑わっていました。

 

マルガリータが美味しかった!!

 

 

ホテルのレストラン…、というよりはビルの中にホテルが有り、そのビルの中にレストランがあるよ、という状態です。

 

 

まとめ

 

さて、今回の記事では今年3月に閉館してしまう「SHINAGAWA GOOS(シナガワグース)」内にある「京急EXホテル品川」について紹介しました。

 

ビジネスホテルではありつつも、かつての高級ホテルの名残もちらちらと感じられ、その長い年月に思いを馳せる…。

そんな滞在となりました。

 

Instagramをチェックしよう!

BeeTrip【びーとりっぷ】のInstagramでは、
yu-が訪れた場所やホテルについて、
リアルタイムで情報をお届けします。
記事と合わせてホテル選びや旅行の参考にしてください✈

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事