【地域共通クーポン利用可】大江戸温泉物語 浦安万華鏡をおすすめする5つの理由!

こんにちは、yu-です!

 

先日、舞浜方面に一泊二日の旅行をし、そのうちの一日は東京ディズニーシーで過ごしましたがもう一日は「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」に足を運びました!

 

そこで今回の記事ではこの「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」って楽しいんだよ!!ということをお伝えしたいと思います!

 

施設概要

「大江戸温泉物語」という名前は聞いたことのある方が多いのでは無いでしょうか?

 

スーパー銭湯とは一線を画する規模感&充実した食事処に加え、場所によっては宿泊もできるというまさしくお風呂のテーマパークというべき施設です。

 

首都圏にも複数店舗があり、東京お台場にある店舗などが有名です。

 

そんな中、東京ディズニーリゾートにもほど近い、浦安にもこの「大江戸温泉物語」が存在するのです。

大江戸温泉物語公式HPより引用

 

住所

〒279-0013  千葉県浦安市日の出7-3-12 

電話番号

047-304-4126

営業時間

11:00~翌9:00
※最終入館時刻 日~木は23:00まで
金・土・祝前日は24:00まで
※朝風呂受付 朝5:00~朝7:00
※メンテナンス日翌日の朝風呂の営業はございません。

入浴時間 内風呂 11:00~26:00、朝5:00~朝8:00
露天風呂 11:00~26:00、朝5:00~朝8:00
※朝風呂のサウナはご利用いただけません。
水着露天風呂 日~木・祝 11:00~23:00
金・土・祝前日 11:00~24:00
※水着露天風呂の最終受付は営業終了30分前まで
アクセス JR京葉線・JR武蔵野線 新浦安駅

東京メトロ東西線 浦安駅

無料送迎シャトルバスで10~15分

駐車場 隣接の有料駐車場「タイムズ24」を利用

収容台数:普通車420台収容

普通車:5時間まで無料(当館をご利用のお客様)以降60分毎に220円/最大24時間550円

大型車:要予約 予約はタイムズ24へ直接Web予約。
車高2.5m以上/(車両制限 全長12m、全幅2.5m、全高3.8m)

 

立地に注目!

 

特筆すべきは、立地(アクセス)です。

 

東京ディズニーリゾートにほど近い浦安…とは言いましたが、舞浜駅から直接アクセスできるわけではなく、隣の新浦安駅からバスで移動することになります。

 

そのため、車で移動できる方は車で行くのがベターです。

 

 

また、下記ホテルに宿泊する方は朗報です。

 

下記ホテルからは、この「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」は徒歩圏内であるため、ホテルに荷物を置いてから歩いて向かう…なんてこともできちゃいます!!

 

徒歩圏内のホテル

大江戸温泉物語 浦安万華鏡から近い順に記載

    • 東京ベイ東急ホテル
    • ラ・ジェント・ホテル東京ベイ
    • 東京ディズニー セレブレーションホテル
    • コンフォートスイーツ東京ベイ
    • 三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ(少し遠いかも…)

 

料金

「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」の料金は、年齢区分は大人/子どもで異なります。

また、平日/土日特定日により料金が変動します。

 

詳しくはこの表を参照してください。

 

大人(中学生以上) 小人(4歳~小学生)
平日料金(タオル付) 1,580円(税込1,888円) 780円(税込858円)
土日祝料金(タオル付) 1,880円(税込2,218円) 880円(税込968円)
特定日料金(タオル付) 2,180円(税込2,548円) 980円(税込1,078円)
深夜割増
深夜2:00以降在館の場合
1,800円(税込1,980円)
朝風呂料金(タオル付)
朝5:00受付~
朝7:00受付終了
600円(税込810円) 300円(税込330円)

 

では次から早速、この「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」をおすすめする理由をお伝えしたいと思います!!

 

「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」をおすすめする理由

その①:水着エリアは男女で楽しめる!&スマホ持ち込みOK!

この「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」の最大の特徴として、

 

・温泉を楽しむことができる内湯

・水着を身に着けて温泉を楽しむことができる水着エリア

 

この2つのエリアが存在するのです。

 

そしてこの水着エリアでは、男女で楽しむことができ、なおかつなんとスマホ持ち込みが公式でOK!

写真撮影も楽しめちゃいます。

 

 

水着エリアにたどり着くとこんな張り紙がガッツリ貼ってあり、これに気がついてロッカーにスマホを取りに帰る人も多数いました!笑

 

ちなみに水着の入り口には、水着エリア内を持って歩けるメッシュのかばんもおいてあり、私はそこにスマホを入れて楽しみました。

 

 

水着エリア内はそこそこ広く、多種多様なお風呂が所狭しと広がっています。

 

岩のお風呂があったり…

 

期間限定のアリスコラボできのこの湯があったり…

 

こんな謂われのあるお風呂があったり…

 

奥の方には、SNS映えを狙っているのか、それっぽい撮影スポットがありました!

 

ぜひグループで、家族で、写真撮影も含めて楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

この時期に水着なんて寒い!と思っていたところ、お風呂の温度が38~42度程度であったためむしろのぼせてしまう心配のほうが大きかったです。この寒い季節にピッタリだね!!

 

 

その②:充実の食事処!

大江戸温泉物語 浦安万華鏡の施設内には、たくさんの食事処があります。

 

温泉らしい、和食のお食事処を始めとして、中華料理屋さんや焼き肉まで。

 

一つのお食事どころでたくさんのメニューが選べる!!

…というタイプではなく、それぞれのレストランが独立して館内に存在しています。

 

そのため、どこで食べようか非常に目移りしてしまいます…。笑

 

 

個人的におすすめなのが、元氣焼肉「牛繁」!!

 

 

このお店自体はチェーン店として、いろんな街に展開されていますね。

 

じゃあなぜわざわざおすすめするのか?

 

それは、温泉という施設の特色上、焼き肉でついてしまうニオイをその場ですぐに洗い流すことができるからです。

 

 

 

焼き肉のニオイって意外と取れないんですよねこれが。

それをすぐその場で洗い流すことができる、というのはなんとも気持ちの良いものなのです。笑

 

単純に焼き肉を食べたい方は、「ニオイすぐに落とせるしいいじゃん!!」と相手を誘えば、乗ってくれる可能性アップ!(かもしれない!)

 

その③:種類豊富な館内施設!懐かしのゲームや漫画まで!

館内には、温泉の他にも豊富な館内施設があります。

 

こういった施設に定番の施設がほとんどではありますが、種類が豊富である上に、なにより広いためゆったりと寛ぐことができるかと思います。

 

例えば、お休み処と一口に言っても、

 

畳の部屋で足を伸ばしてくつろげるスペースに

公式HPより引用

横になってくつろげるスペース

公式HPより引用

リクライニングチェアとテレビでくつろげるスペースなど

公式HPより引用

 

それぞれがこの写真の印象を裏切らない広さを誇り、ゆっくりと寛げます。

 

お休み処以外にも、入口近くには懐かしのゲームが設置されています。

 

 

これ、ゲーム機(UFOキャッチャー)本体そのものは古かったのですが、中の景品が今をときめく「鬼滅の刃」グッズになっているこのがアンバランスで面白かったです。笑

 

また、個人的に気に入ったのは漫画エリア!

 

 

 

そんなに広いエリアでは無いのですが、たくさんのソファにハンモックまであり、これもまたくつろげちゃいます。

 

漫画の品揃えもバッチリ。(個人の好みにより差はあります。)

当然のように「鬼滅の刃」もおいてありました。

 

 

ちなみにこの写真は営業開始直後に撮ったものですが、昼過ぎになると漫画エリアには多くの人が集まり、その集まった人の人数に比例してこの棚から「鬼滅の刃」が消えていました…。笑

 

施設は全体的に空いているのに、漫画エリアだけ人が集まっており、ここにも社会現象の波が…!と思わずにはいられませんでした。笑

 

 

その④:テーマ性のある館内

「大江戸温泉」というその名前にピッタリの、テーマ性のある館内はなかなか素敵です。

 

入り口からして、大量の提灯が飾られ。

 

まるで大江戸の町並みを模したような景色が広がっています。

 

 

この館内の景色は、ここならではの独特の景色!

ぜひ館内でそれっぽい写真を撮って楽しんでみては??

 

その⑤:精算は最後にまとめてでOK!

最後に上げるこの理由。

もっとも地味ですが、もっともありがたかったりするこの精算方法!!

 

入館料は入場時に払うのですが、館内で利用したお金は、全て個々人のリストバンドに記録され、退場時にまとめて支払う仕組みとなっています。

 

ここでスゴイのは、”すべて”の会計が、リストバンドに集約されること。

 

例えばこんな自動販売機も、リストバンドで会計します。

 

 

まあ正直なところ、この仕組を導入している施設は多いため、これがこの施設のスゴイところだあ!!とまでは言えませんが、この一度経験したらわかる便利さ、手軽さ。

 

これはやはりおすすめポイントに入れて然るべきでしょう!

 

 

 

 

以上が、私が「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」をおすすめする理由です。

ふーん、と思っていただけたでしょうか?

最後に、私自身の体験も踏まえ、こんなひとに特におすすめ!!というお話を書いていきたいと思います。

「大江戸温泉 浦安万華鏡」はこんな人におすすめ!!

そもそも、私がこのたび「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」訪れたのには理由があります。

 

それは、チケット戦争の敗北です。←

 

 

もともとGotoトラベルを利用して一泊二日でパークに行こうと考えていましたが、それを諦めたのです。

 

現在東京ディズニーリゾートは日付指定のチケットを事前にオンラインで手に入れる必要があるのですが、これが非常にシビアな状況となっています。

 

何がシビアなの?という方はこちらの記事をお読みください。

 

私も一週間に渡る戦争の後、なんとか一日分獲得できたのですが、そこからもう一日分頑張るほどの気力すら残されていなかったのです。。笑

 

そこで方針を転換しました。

 

(チケット獲得が困難な)パークにこだわらず、もう一日は浦安付近で楽しく過ごそう!!

 

そんなわけで、「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」を訪れた、ということです。

 

浦安という立地であること、そしてここまで述べてきた特徴を考えると、この「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」はこんな人におすすめです!

 

こんな人におすすめ!
    • ディズニーへの旅行で一日空きがある人
    • 家族やカップルでのんびり楽しみたい人
    • Gotoトラベルの地域共通クーポンを使いたい人

 

方針転換の結果、私は大江戸温泉物語でゆったりとひたすらに寛ぐ一日を手に入れました。

 

今回はチケット戦争の敗北がきっかけでしたが、次回以降ははじめからパークは一日にして、もう一日はこの場所で楽しむのも良きかな!

 

 

 

さて今回の記事では、浦安の「大江戸温泉物語 浦安万華鏡」について紹介しました。

 

ぜひこの冬の寒い時期、そしてディズニーのチケットが取りづらい状況の今、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

Instagramをチェックしよう!

BeeTrip【びーとりっぷ】のInstagramでは、
yu-が訪れた場所やホテルについて、
リアルタイムで情報をお届けします。
記事と合わせてホテル選びや旅行の参考にしてください✈

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事